コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六畜 リクチク

4件 の用語解説(六畜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りく‐ちく【六畜】

ろくちく(六畜)

ろく‐ちく【六畜】

六種の家畜。馬・牛・羊・犬・豕(いのこ)・鶏。りくちく。
「三宝の奴婢と―を打つこと得じ」〈霊異記・下〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の六畜の言及

【鶏肉】より

…ニワトリの肉や卵を食用とするために飼育するようになったのは,西欧では中世以降である。中国では周の時代の庖人(ほうじん)がつかさどる六畜(ウマ,ウシ,ヒツジ,ブタ,イヌ,ニワトリ)の中に含まれているので,この時代には食用になっていた。日本へはニワトリは弥生文化期ころに中国から入ってきたと考えられる。…

※「六畜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone