緒言(読み)しょげん

精選版 日本国語大辞典「緒言」の解説

しょ‐げん【緒言】

〘名〙
① 論説のいとぐち。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一〇「緒言は糸口を引出せば綿々として不絶がごとき言也」 〔荘子‐漁父〕
② まえがき。はしがき。序文。序言。ちょげん。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上「之を掲げて此書の緒言(ショゲン)に代ふ」

ちょ‐げん【緒言】

〘名〙 (「緒言(しょげん)」の慣用読み) まえがき。序言。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「まづ其緒言(チョゲン)に曰く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android