コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六郷政乗 ろくごう まさのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六郷政乗 ろくごう-まさのり

1567-1634 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)10年生まれ。出羽(でわ)仙北郡(秋田県)六郷城主。関ケ原の戦いで徳川方に味方。功により常陸(ひたち)(茨城県)府中藩主(1万石)をへて,元和(げんな)9年出羽本荘(ほんじょう)藩(秋田県)藩主六郷家初代となった。2万石。寛永11年4月28日死去。68歳。本姓二階堂。通称は長五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

六郷政乗

没年:寛永11.4.28(1634.5.25)
生年:永禄10(1567)
江戸初期の大名。出羽国(秋田県)本荘藩の初代藩主。兵庫頭。父は道行(戸沢家譜では政行ともいう),母は佐久間氏。初め出羽国仙北郡六郷を中心に勢力を持つ戦国大名で,天正19(1591)年豊臣政権より4518石の領地安堵の朱印状を拝領した。慶長5(1600)年の関ケ原の戦では,他の東北大名と異なる行動をとり,江戸を経由して東海道を上り駿河の金谷の徳川家康のもとに参陣した。その後常陸国(茨城県)府中1万石へ転封した。元和9(1623)年最上氏改易後の本荘へ転封し,2万石を拝領。本荘城下の再建設を行い,領内の経営に力を注ぎ,藩政の基礎を築いた。本荘で死去。

(長谷川成一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

六郷政乗の関連キーワード六郷政勝本庄藩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android