コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六郷政乗 ろくごう まさのり

2件 の用語解説(六郷政乗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六郷政乗 ろくごう-まさのり

1567-1634 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)10年生まれ。出羽(でわ)仙北郡(秋田県)六郷城主。関ケ原の戦いで徳川方に味方。功により常陸(ひたち)(茨城県)府中藩主(1万石)をへて,元和(げんな)9年出羽本荘(ほんじょう)藩(秋田県)藩主六郷家初代となった。2万石。寛永11年4月28日死去。68歳。本姓は二階堂。通称は長五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

六郷政乗

没年:寛永11.4.28(1634.5.25)
生年:永禄10(1567)
江戸初期の大名。出羽国(秋田県)本荘藩の初代藩主。兵庫頭。父は道行(戸沢家譜では政行ともいう),母は佐久間氏。初め出羽国仙北郡六郷を中心に勢力を持つ戦国大名で,天正19(1591)年豊臣政権より4518石の領地安堵の朱印状を拝領した。慶長5(1600)年の関ケ原の戦では,他の東北大名と異なる行動をとり,江戸を経由して東海道を上り駿河の金谷の徳川家康のもとに参陣した。その後常陸国(茨城県)府中1万石へ転封した。元和9(1623)年最上氏改易後の本荘へ転封し,2万石を拝領。本荘城下の再建設を行い,領内の経営に力を注ぎ,藩政の基礎を築いた。本荘で死去。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六郷政乗の関連キーワード本荘由利本荘佐竹義堅須藤善一郎本荘義胤(初代)六郷政林六郷政純六郷政恒六郷政長六郷政信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone