六郷政速(読み)ろくごう まさちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六郷政速 ろくごう-まさちか

1764-1812 江戸時代中期-後期の大名。
明和元年生まれ。六郷政林(まさしげ)の3男。長兄早世,次兄は病弱のため,天明5年出羽(でわ)本荘(ほんじょう)(秋田県)藩主六郷家7代となる。文化元年象潟(きさかた)大地震で大破した城を修復し,陸地化して消滅した景勝地象潟の開発にあたる。石沢騒動とよばれた農民騒動や廻船問屋の商争いの解決にもつとめた。文化9年10月26日死去。49歳。初名は政武(まさたけ)。通称は尚三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android