コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六郷政速 ろくごう まさちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六郷政速 ろくごう-まさちか

1764-1812 江戸時代中期-後期の大名。
明和元年生まれ。六郷政林(まさしげ)の3男。長兄は早世,次兄は病弱のため,天明5年出羽(でわ)本荘(ほんじょう)藩(秋田県)藩主六郷家7代となる。文化元年象潟(きさかた)大地震で大破した城を修復し,陸地化して消滅した景勝地象潟の開発にあたる。石沢騒動とよばれた農民騒動や廻船問屋の商争いの解決にもつとめた。文化9年10月26日死去。49歳。初名は政武(まさたけ)。通称は尚三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

六郷政速の関連キーワード六郷政純

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android