コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廻船問屋 かいせんどんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廻船問屋
かいせんどんや

江戸時代,廻船を所有し物資輸送を業とした海運業者。輸送だけでなく物資の売買をも兼ねたものが多い。鎌倉,室町時代の問 (とい) ,問丸 (といまる) などに起源をもち,室町時代末期から輸送と売買とは次第に分離するようになった。江戸時代に入ると,菱垣廻船樽廻船のように海運専業の廻船問屋も出現した。しかしなかには北国廻船 (→北前船 ) のように運賃積みによらず,北陸,東北,蝦夷の諸産物を買入れては上方で売りさばき,同時に日用品を買込んで,翌春北国に帰航するものもあり,船主は売買問屋も兼ねていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいせん‐どいや〔クワイセンどひや〕【×廻船問屋】

江戸時代、荷主と船主の間にあって、積み荷の取り扱いをした業者。廻漕店(かいそうてん)。かいせんどんや。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいせんどんや【廻船問屋】

近世、海運業者と荷送り人との間に立って、貨物運送の周旋をした店。廻漕問屋。廻漕店。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の廻船問屋の言及

【菱垣廻船(菱垣回船)】より

…江戸時代に,樽廻船とともに江戸・大坂間の海運の主力となり,木綿,油,酒,酢,しょうゆ,その他江戸の必要とする日用品を輸送した菱垣廻船問屋仕立ての廻船。船型としては弁才船(べざいぶね)と呼ばれる大和型帆船で,通称は千石船と呼ばれた荷船である。…

※「廻船問屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

廻船問屋の関連キーワード日向市歴史民俗資料館宮崎県日向市美々津町前川善兵衛(2代)北海道檜山郡江差町桃中軒 浪右衛門愛知県常滑市栄町宍喰屋次郎右衛門内海(愛知県)能登屋三右衛門会津屋八右衛門角屋七郎兵衛奥能登の白菊本間四郎三郎稲葉三右衛門大坂屋伊兵衛福永七兵衛真名井純一灰屋三郎助中原忠次郎秋野平次郎

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廻船問屋の関連情報