コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共助 キョウジョ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐じょ【共助】

[名](スル)
互いに助け合うこと。互助。
裁判所間および行政機関の間で、その職務の遂行に必要な協力・補助をすること。「国際司法共助

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

共助

災害時対応には、自らを守る「自助」、近隣で互いに助け合う「共助」、国や自治体が手を貸す「公助」の3種類がある。この「三助」の考え方は江戸時代の米沢藩主・上杉鷹山が提唱したとされる。企業単独BCPが自助、地域連携BCPは共助といえる。

(2012-03-15 朝日新聞 朝刊 愛知 地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうじょ【共助】

( 名 ) スル
互いに力を合わせて助け合うこと。互助。
〘法〙 裁判所間および行政機関の間において、職務遂行について協力・補助すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

共助の関連キーワードサイバーセキュリティ戦略社会保障の将来ビジョン犯罪被害者補償制度阪神・淡路大震災国際刑事警察機構ユーロジャスト防災リテラシーロッキード事件国外犯処罰規定国際捜査共助法地域防災の日国際捜査共助国際司法共助犯罪人引渡し受託裁判官東亜新秩序TKT48受命裁判官中野とも子自助と共助

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共助の関連情報