共同社宅構想(読み)きょうどうしゃたくこうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同社宅構想
きょうどうしゃたくこうそう

連合と日経連が共同で打ち出したサラリーマンの住宅対策案。首都圏など近郊に賃貸集合住宅を用意して,独力で社宅を確保できない中小企業に開放し,いろいろな会社の社員が一緒に入居するというもの。 1988年以来連合と日経連による土地・住宅作業委員会で計画が検討され,事業開始に向け推進母体の設立や政府,自治体,関係団体との折衝など準備が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android