コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共形幾何学 きょうけいきかがくconformal geometry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共形幾何学
きょうけいきかがく
conformal geometry

反転幾何学,メビウス幾何学ともいう。図形性質のうち,メビウス変換 (円に対する反転) によって不変な性質を研究する幾何学をいう。平面上の図形についてのこの幾何学を,2次元の共形幾何学というが,3次元以上についても同様の研究が可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共形幾何学
きょうけいきかがく
conformal geometry

平面で有限個の合同変換、相似変換および反転を組み合わせて得られる点変換をメビウス変換という。メビウス変換で不変な図形の性質を研究する学問が共形幾何学である。たとえば、円という性質、二つの円が互いに接すること、2円のなす角、1円周上の4点の非調和比は、いずれもメビウス変換によって不変である。これらの概念はn次元空間に拡張されている。[立花俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

共形幾何学の関連キーワードベブレン(Oswald Veblen)オズワルド ベブレン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android