共鳴室(読み)きょうめいしつ(英語表記)resonant chamber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共鳴室
きょうめいしつ
resonant chamber

動物の発音を拡大するための空洞構造。広義には,人間の発声などにおいても,副鼻腔胸郭は共鳴室的な機能を示すともいえるが,限られた意味としては,セミ腹部にある大きな空室をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android