コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副鼻腔 ふくびくうparanasal sinuses

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

副鼻腔
ふくびくう
paranasal sinuses

鼻腔を取囲む骨の内部にある空洞のこと。前頭洞篩骨洞上顎洞蝶形骨洞の4つが区別されている。それぞれ粘膜でおおわれた骨壁で囲まれているが,鼻腔とは狭い管で通じている。いわゆる蓄膿症はここに炎症性分泌物がたまった状態である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

副鼻腔【ふくびこう】

鼻腔を囲む骨内に発達した空洞。内部に空気を含み,内面は鼻粘膜の続きでおおわれる。前頭洞,篩骨(しこつ)洞,蝶(ちょう)形骨洞,上顎洞があり,上鼻道または中鼻道に開口する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくびこう【副鼻腔 paranasal sinuses】

医学的には〈ふくびくう〉と読む。鼻腔と交通していて,周囲の骨の中に発育した,空気で満たされた空間(含気腔という)をさし,上顎洞,篩骨(しこつ)洞,前頭洞,蝶形(ちようけい)洞の四つが顔面の各側に存在する。副鼻腔も年齢とともに発育する。出生時には小さいながらも上顎洞,篩骨洞,蝶形洞はあるが前頭洞は前部篩骨洞から発生し,3歳ころからみられるようになる。いずれもその発育は思春期を過ぎても続く。上顎洞sinus maxillarisは,頰部や口蓋の大部分を構成する上顎骨内にあり,最も大きな副鼻腔で成人男子で約13cm3,女子で12cm3の容積を有する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくびこう【副鼻腔】

鼻腔の周囲にあって、鼻腔に通ずる四対の空所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副鼻腔
ふくびくう

鼻腔を囲む周囲の骨内にみられる空気の腔所で、上顎洞(じょうがくどう)、前頭洞、篩骨洞(しこつどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)がある。これらはいずれも鼻腔に通じている。とくに上顎洞は副鼻腔炎をおこす箇所となる。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の副鼻腔の言及

【鼻】より

…鋤鼻器官はヒトを含む高等霊長類など一部のグループには欠けているが(ヒトでは発生過程で退化消失),その他の動物では鼻の底部正中面の近くにあり,二次口蓋を貫く鼻口蓋管で口蓋前部に1対の小孔として開く(高等霊長類では鼻口蓋管は痕跡化し,切歯管と呼ばれる)。また鼻腔の周囲の骨には,篩骨(しこつ)洞,上顎洞など最大13種もの空洞が付属し,これらを一般に副鼻腔という。それらの機能はほとんど知られていない。…

【鼻腔】より

…鼻甲介の間の陥凹は通常空気の通り道となるので鼻道meatus nasiと呼ばれ,鼻甲介に対応した名前がつけられている。中・上鼻道には副鼻腔との交通路が開く。鼻腔は呼吸の道として空気が出入する以外に,吸気を温めたり湿らせる空気調節作用がある。…

※「副鼻腔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

副鼻腔の関連キーワード慢性副鼻腔炎の近年の傾向慢性副鼻腔炎(蓄膿症)子どもの慢性副鼻腔炎鼻のしくみとはたらき副鼻腔気管支症候群ヴァルサルヴァ法アスペルギルス症航空性副鼻腔炎塩化リゾチーム急性副鼻腔炎嚢胞性線維症鼻中隔湾曲症副鼻腔腫瘍頭頸部腫瘍三叉神経痛肥厚性鼻炎副鼻腔炎眼球突出嗅覚障害接合菌症

副鼻腔の関連情報