発声(読み)ハッセイ

デジタル大辞泉の解説

はっ‐せい【発声】

[名](スル)
声を出すこと。声の出し方。また、その声。「大きく口を開けてはっきり発声する」「発声練習」
多数の人が唱和するとき、最初に声を出して音頭をとること。「町長の発声で万歳を三唱する」
宮中の歌会で、講師(こうじ)が歌ををつけずに読み上げたあとで、初句を節をつけて歌い上げること。また、その役。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はっせい【発声】

声を出すこと,呼気による声帯の振動を発声というが,声楽の歌声として発声するには技術が必要であり,発声法の訓練,研究がなされている。発声の基礎として次の3点が重要である。(1)呼吸 胸式呼吸は声帯の周囲の筋肉に不必要な緊張や負担をかけるため,腹式呼吸を習得しなければならない。(2)支え これはオルガンふいごのような働きをするもので,呼吸筋全体を随意に使って呼気圧を調節する。さらに呼気圧を正常より上げて頭声の共鳴にかかりやすい高周波成分の多い声帯の振動モードをつくること,喉の開きを助けることも,支えの重要な機能である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はっせい【発声】

( 名 ) スル
声を出すこと。 「大きな声で-する」
大勢で同じ言葉を唱える時、最初に声を出して、音頭をとること。 「会長の-で乾杯をする」
歌会で披講のとき、講師のあとを受けて、節を付けて歌をよみ上げること。また、その役。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発声
はっせい
voice production英語
Stimmgebungドイツ語

呼気によって声帯を振動させ、音声を発すること。ヒトを含めて動物は、本能的に、あるいはなんらかの意図をもって声を発する。生殖にかかわる雌雄の行為に伴ったり、驚き(恐怖)、喜び、悲しみといった情感の表現として、また遊戯や芸術(人間の場合)の一側面として発せられた声は、それぞれの状況に応じた伝達の機能を果たしている。とりわけ人間の発声は、言語や音楽の成立を担う重要な行為であり、民族、時代、文化によって、意識的または無意識的に、さまざまな発声法が駆使されてきた。そして歌唱における発声法は、音楽様式を決定する重要な契機となっている。たとえば、アメリカ・インディアン、東ヨーロッパ、オセアニアなどの地声、近代ヨーロッパ(いわゆるクラシック音楽)のベルカント、現代の日本や韓国での演歌などのさび声ないし鼻声的歌い方などは、それぞれの文化の担い手の感性の違いを反映し、それなりの訓練を要するものとなっている。とくにヨーロッパの場合、専門の訓練師(ボイストレーナー)が存在するほどに発声法の教育が重視されており、呼吸法、声区(胸声、中声、頭声)の区別をはじめ、共鳴、ビブラート、レガート、スタッカート、ポルタメントなどの唱法が精密に伝授される。[山口 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はっ‐せい【発声】

〘名〙
① 音声を発すること。声を出すこと。また、その音声。
※山槐記‐仁平四年(1154)正月一一日「於山科雨降雷発声」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉三「嘔唖哳啁(たうたつ)(おの)が随意(まにまに)発声(ハッセイ)し」 〔向秀‐思旧賦〕
宮中歌会で、講師の後を受けて、節をつけて歌をよみあげること。また、その役。
※二水記‐永正一五年(1518)二月一七日「参伏見殿御会始也〈略〉発声大納言入道各一反右府二反、此後主君出御」
③ 多数の人が唱和するとき、最初に音頭をとること。
※あたらよ(1899)〈内田魯庵〉「其時万歳の発声(ハッセイ)をして下すった方は」
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉一「此の際充分に発声を正し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の発声の言及

【延髄】より

迷走神経は大きく分けて,頸部,胸部,腹部の内臓に分布する。頸部では,喉頭の筋を動かして行う発声運動と咽頭の筋を収縮させて行う嚥下(えんげ)運動(食物を飲み込む働き)との二つの働きをする。胸部では心臓の運動を抑制し,腹部では食道,胃,小腸,大腸の運動を促進する。…

【声】より

…脊椎動物が呼吸気を利用して発声器官を振動させて生じる音。このような音を発することを発声phonationという。…

【発音器官】より

…動物がコミュニケーションの手段として音響を発することを発音または発声phonationといい,これにかかわる器官を発音器官と呼ぶ。胸びれの摩擦やうきぶくろの隔膜で音を出すギギやホウボウなどのまれな例外を除けば,発音機能をもつ動物の大部分は陸生の脊椎動物と昆虫類である。…

※「発声」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発声の関連情報