コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵用地誌 へいようちし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵用地誌
へいようちし

明治初期に陸軍省が中心となって編集した官撰地誌の一種。陸軍省は明治5 (1872) 年に全国の地理図誌を編集する目的で各府県から管内の地理に関する報告を求め,その結果 1877年の陸軍省蔵版,関三一校訂,中根淑著『兵要日本地理小誌』 (3冊) となって出版された。全国の山川,道路などを羅列的に記したもので,兵士の教育に用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android