コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵賦金 へいふきん

世界大百科事典 第2版の解説

へいふきん【兵賦金】

江戸幕府は軍制改革の一環として,1862年(文久2)12月6日,3000石以上の幕臣には慶安度軍役人数割の半数,3000石未満には4分の1の兵卒供出を命じ,これを兵賦と称して歩兵組に編成した。ただし兵賦を出せない場合には兵賦1人分につき10両を金納させた。これを兵賦金という。さらに66年(慶応2)8月には軍役銃卒の供出を命じたが,この場合にも代金納を認めた。翌年9月26日,幕府は200石以上の幕臣に対し,知行所の年貢の半分に相当する金を軍役として納めるように命じ,兵卒はこの軍役金を資金として幕府が直接抱え入れることとした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

兵賦金の関連キーワードサイゴン条約黒住教バールセンブッセリチャードソンリッジウェー有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android