コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

供出 キョウシュツ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しゅつ【供出】

[名](スル)
政府などの要請に応じて金品などを差し出すこと。
「富者は財産の多分を、軍費に―し」〈竜渓経国美談
政府が民間の物資・主要農産物などを一定の価格で半強制的に売り渡させること。「収穫米を供出する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょうしゅつ【供出】

食糧管理制度のもとで1942年から54年にかけて行われた,農民から米麦,雑穀,いも類の主要食糧の一定量を,政府が決めた価格で強制的に買い上げる方式。食管制度は戦中,戦後の食糧不足時代に,主食の国家による直接統制・管理によって,消費者に一定の主食配給量を確保することを目的としていた。その配給量を確保するための,農民からの主食の集荷が出であったが,それは非常事態のもとでは強制的なしかたで行われた。
供出制度の変遷]
 供出制度の出発点は1939年に始まる米不足であり,その対策として国が米麦の直接統制に乗り出した時である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうしゅつ【供出】

( 名 ) スル
戦時体制下などで、法律により食糧・物資などを政府が民間に一定価格で半強制的に売り渡させること。 「米を-する」 「 -制度」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

供出の関連キーワードアトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)老子 次右衛門(7代目)ひらかたパークと菊人形プリンストン高等研究所戦時下の動物の供出パレットプール制農業調整委員会大館曲げわっぱ米穀配給制度老子次右衛門強制栽培制度井口忠左衛門火の見やぐら金属類回収令梅津 只円御手伝普請犯罪と刑罰揚超・散超全国農業会経済九原則

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

供出の関連情報