コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼右卿記 かねみぎきょうき

1件 の用語解説(兼右卿記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かねみぎきょうき【兼右卿記】

神祇道長上卜部(吉田)家の当主,神祇大副兼右兵衛督従二位兼右(?‐1573)の日記。断簡も加えれば,1532年(天文1)10月9日から始まり,72年(元亀3)3月23日に至る長大な日記である。室町末期から戦国初期の朝廷の動向,宗教界とくに神道界の様相がわかるのみならず,兼右が赴いた伊賀,越前などの地方の様子も記されている。自筆原本が天理図書館その他に所蔵されている。【久留島 典子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兼右卿記の関連キーワード神祇伯卜部神祇神祇の四姓卜部兼直卜部兼永卜部兼延卜部平麻呂吉田兼雄吉田兼右

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone