コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼右卿記 かねみぎきょうき

世界大百科事典 第2版の解説

かねみぎきょうき【兼右卿記】

神祇道長上卜部(吉田)家の当主,神祇大副兼右兵衛督従二位兼右(?‐1573)の日記。断簡も加えれば,1532年(天文1)10月9日から始まり,72年(元亀3)3月23日に至る長大な日記である。室町末期から戦国初期の朝廷の動向,宗教界とくに神道界の様相がわかるのみならず,兼右が赴いた伊賀,越前などの地方の様子も記されている。自筆原本が天理図書館その他に所蔵されている。【久留島 典子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

兼右卿記の関連キーワード吉田兼右

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android