内つ国(読み)ウチツクニ

  • うちつ
  • 内つ
  • 国(くに)

デジタル大辞泉の解説

都のある国。大和国
「東のかた胆駒(いこま)の山を踰(こ)えて、―に入らむと欲す」〈神武紀〉
都に近い地方。近畿地方。畿内。
「北は近江の狭々波の合坂山(あふさかやま)より以来を―とす」〈中臣連重本孝徳紀〉
外国に対して日本のこと。
「(仏法ヲ)帝国(みかど)に伝へ奉りて、―にあまねく通はさむ」〈欽明紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

都のある土地。また、都に近い地域。畿内。 今そむけりし者ふつくに誅つみに伏す。-事無し/日本書紀 崇神訓
外国に対して、日本の国。 ⇔ 外国とつくに

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

① 都のある土地。大和国。
※書紀(720)神武即位前(熱田本訓)「皇師(みいくさ)中洲(ウチツクニ)に趣かむと欲(す)
② 都に近い土地、地方。地方に対して畿内(きない)をいう。⇔外国(とつくに)
※書紀(720)仁徳四年二月(前田本訓)「邦畿之内(ウチツクニ)すら尚給(つ)がざること有り。況むや畿外諸国(とつくにぐに)をや」
③ 外国に対して日本の国をいう。⇔外国(とつくに)
※書紀(720)欽明一三年一〇月(寛文版訓)「帝国(みかど)に奉伝(つたへたてまつ)りて畿内(ウチツクニ)に流通(あまねは)す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android