コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内の重 ウチノエ

デジタル大辞泉の解説

うち‐の‐え〔‐へ〕【内の重】

いくえにも垣のある宮殿の内側。御門の内。
「海若(わたつみ)の神の宮の―の妙(たへ)なる殿に」〈・一七四〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちのえ【内の重】

内裏の内郭の内側(宣陽・陰明・玄輝・承明などの諸門の内)の称。 → の重 ・ 中の重
幾重もの垣の、内側の垣根。また、その内部。奥まった所。宮中。 ↔ の重 「 -に仕へ奉りて/万葉集 443

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

内の重の関連キーワードリーマン(Orla Lehmann)レックリングハウゼン病ウェスト・バージニアベニング・マイネスマントルピース太政官厨家領パンディットキングストン金融保護主義ウィーラント予備アルカリ小清水(町)災害拠点病院ピルビン酸ニャンザンOZ/オズカレンダーメキシコ史国際経済学高温障害

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android