コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内側光冠 ないそくこうかんinner corona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内側光冠
ないそくこうかん
inner corona

太陽光冠すなわちコロナの内側の部分。太陽面から 30万~40万 kmまで,太陽半径のほぼ半分程度の厚さで太陽を円形に取巻く希薄な電離気体から成る。しかしその形や明るさは太陽活動の 11年周期と密接に関連している。明るさは全体としてほぼ満月程度,その光は普通の太陽光が電子により散乱されたもので,一部偏光している。温度はだいたい 100万~200万Kで,連続スペクトルには吸収線がないが,代りに希薄な気体中で高度に電離した元素による禁制線輝線スペクトル (→線スペクトル ) が見られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android