コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁制線 きんせいせんforbidden line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禁制線
きんせいせん
forbidden line

原子や分子の出す光のスペクトル線のうち,銀河系内ガス星雲や太陽コロナなどの希薄な気体中のみにみられる特殊なスペクトル線(→ガス星雲コロナ)。一般に,原子や分子の状態の変化に伴って光が放出される。禁制線は,普通にはほとんど起こらない二つの状態間の変化に伴って出る光で,実験室でこれらのスペクトル線を検出するのは難しい。希薄ガス中では原子・分子衝突の速度が遅いため,水素のバルマー線などの許容線と同程度の強さになって観測される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きんせいせん【禁制線】

原子・分子などのエネルギー準位間の遷移によるスペクトル線のうち、普通では起こり得ない遷移が特殊な条件の下で起こり、観測される弱いスペクトル線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

禁制線の関連キーワードI.S. ボーエンセイファート銀河オリオン星雲ネブリウムクエーサーボーエン発光星雲内側光冠禁制遷移星雲線

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android