コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内奏方 ないそうがた

1件 の用語解説(内奏方の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ないそうがた【内奏方】

室町幕府の訴訟処理機関の一つ。その役割は訴訟処理の過誤を救済することにあると推測され,鎌倉幕府の奏事・内訴の制度を継承したものではないかと考えられている。1347年(正平2∥貞和3)ころにはすでに存在したと思われるが,その活動の証跡はきわめて乏しい。当時の頭人は評定衆であった中条挙房と推定され,少なくともこの時期には右筆奉行人飯尾三郎左衛門尉が内奏奉行であったことが知られる。おそらく,頭人および数人の右筆奉行人を擁する機関であったのだろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内奏方の関連キーワード所司引付衆合奉行供御方地奉行帯刀の役問状頭人籤の役資産管理機関

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone