コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内奏方 ないそうがた

世界大百科事典 第2版の解説

ないそうがた【内奏方】

室町幕府の訴訟処理機関の一つ。その役割は訴訟処理の過誤を救済することにあると推測され,鎌倉幕府の奏事・内訴の制度を継承したものではないかと考えられている。1347年(正平2∥貞和3)ころにはすでに存在したと思われるが,その活動の証跡はきわめて乏しい。当時の頭人評定衆であった中条挙房と推定され,少なくともこの時期には右筆奉行人飯尾三郎左衛門尉が内奏奉行であったことが知られる。おそらく,頭人および数人の右筆奉行人を擁する機関であったのだろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内奏方の関連キーワード室町幕府

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android