コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証跡 ショウセキ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐せき【証跡】

後々の証拠となるような痕跡(こんせき)。
「―もないものを捕縛して」〈鉄腸・花間鶯〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうせき【証跡】

〔「しょうぜき」とも〕
ある事が行われたという証拠となるあとかた。痕跡こんせき。証拠。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

証跡の関連キーワード徳島ラジオ商殺し事件明石志賀之助伊集院忠棟御成敗式目ハクスリー準現行犯竜宮童子水底遺跡佐藤信景現行犯内奏方養子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

証跡の関連情報