内村 健一(読み)ウチムラ ケンイチ

20世紀日本人名事典の解説

内村 健一
ウチムラ ケンイチ

昭和期の実業家 元・天下一家の会会長。



生年
大正15(1926)年6月15日

没年
平成7(1995)年1月2日

出生地
熊本県上益城郡甲佐町

学歴〔年〕
御船中〔昭和18年〕卒

経歴
昭和42年甲佐町の自宅で天下一家の会第一相互経済研究所を創設、ネズミ講を始めた。一時は80万人の会員を擁し、1日1億円の金が本部に入ったといわれるが、被害者が続出。49年頃から摘発が相次ぎ、53年ネズミ講禁止の「無限連鎖講の防止に関する法律」が制定されたため、54年天下一家の会を解散。58年7月には約20億円の脱税に対して罰金7億円の判決を受けるが、罰金をカネで払う代りに刑務所に入る道を選び、熊本刑務所に収監された。しかし病気のため、60年5月刑の執行が停止され、熊本リハビリテーション病院に入院。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

内村 健一 (うちむら けんいち)

生年月日:1926年6月15日
昭和時代の実業家。天下一家の会会長
1995年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android