コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海宗恵 うつみ そうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海宗恵 うつみ-そうけい

?-? 江戸時代前期の歌人,商人。
京都の人。松永貞徳にまなび,万治(まんじ)3年(1660)「松葉名所和歌集」を刊行した。俳諧(はいかい)もたしなみ,高瀬梅盛(ばいせい)編集の「口真似草」などに句がのっている。京一番の薬種商をつぎ,2代播磨屋長右衛門となったが,家業をおろそかにして没落。名は久重。別号に六字堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内海宗恵の関連キーワード内海安重商人宗恵歌人

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android