コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高瀬梅盛 たかせ ばいせい

美術人名辞典の解説

高瀬梅盛

江戸中期の俳人貞門七俳仙の一人。京都生。通称は太郎兵衛。薙髪して佗心子と号した。著書に『鸚鵡集』『便船集』『類船集』等がある。元禄14年(1701)歿、83才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高瀬梅盛 たかせ-ばいせい

1619-1702? 江戸時代前期の俳人。
元和(げんな)5年生まれ。京都の人。松永貞徳の門人で,貞門七俳仙のひとり。「口真似(くちまね)草」「鸚鵡(おうむ)集」「捨子集」などおおくの撰集を編集。狂歌師としても活動した。元禄(げんろく)15年?死去。84歳?通称は太郎兵衛。別号に佗心子(たしんし)。
【格言など】風に落葉将棊(しょうぎ)だふしぞきんかくじ(「玉海集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高瀬梅盛

没年:元禄15頃(1702)
生年:元和5(1619)
江戸前期の俳人,狂歌師。通称,太郎兵衛。佗心子とも号し,剃髪して宗入居士。京都二条通西洞院西に住む。松永貞徳七俳仙のひとり。俳諧においては,篤実円満な性格を反映してか,古風を墨守した人であった。「一時檀林世ニ横行ストイヘドモ,師風ヲ改メズ」(『誹家大系図』)と伝えられるが,その姿勢は支持を得て俳壇に隠然たる勢力を有した。編著は『口真似草』『早梅集』『落穂集』など多数。門弟に,伊藤信徳,斎藤如泉らがいた。<参考文献>島居清『高瀬梅盛』(明治書院『俳句講座』2巻)

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高瀬梅盛
たかせばいせい

[生]?
[没]元禄14(1701)/元禄15(1702)頃
江戸時代前期の俳人,狂歌作者。通称,太郎兵衛。別号,佗心子。法号,宗入居士。貞徳門の七俳仙の一人。貞門談林蕉風の時代にわたり,古風を墨守して勢力を保った。編著は,俳諧に『口真似草』 (1656) ,『鸚鵡集』 (58) ,『類船集』 (76) など多数,狂歌に『鼻笛集』 (63) ,『狂遊集』 (69) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高瀬梅盛
たかせばいせい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高瀬梅盛の言及

【狂歌】より

…安土桃山時代の狂歌作者には,南禅寺の住持にまでなった禅僧で《詠百首狂歌》の作者雄長老,当代歌学の権威細川幽斎,碁の名人本因坊算砂,豊臣秀吉の御伽衆(おとぎしゆう)大村由己,狂歌百首をのこした聖護院道増,《醒睡笑》の作者で浄土宗誓願寺の住職安楽庵策伝,公家の烏丸光広らがあり,それぞれの道の第一級の人々が余技として狂歌を楽しんだ。寛永以後は貞門俳人が中心で,松永貞徳,斎藤徳元,半井卜養,池田正式(まさのり),石田未得,高瀬梅盛らにまとまった作品があり,俳諧点取りの奥書に狂歌が応酬されていたりする。《古今夷曲集》の生白庵行風(せいはくあんこうふう)や《鳩の杖集》の豊蔵坊信海(ほうぞうぼうしんかい)になると,俳諧より狂歌に重点が移ってくる。…

【梅盛】より

…江戸前期の俳人。姓は高瀬(たかのせ),通称は太郎兵衛。別号は佗心子(たしんし)。京都の人。初め貞室,重頼に従い,のち貞徳直門となる。貞門七俳仙の一人。温厚篤実な人柄で生涯師風を守り,流行に従わず,1692年(元禄5)刊《貞徳永代記》の著者から〈今京中点者の中の第一の老俳〉だが〈俳諧一道の毒にも薬にもならず〉と評された。著書に《類船(るいせん)集》など。〈月の貌(かほ)やふけてもわかし十八夜〉(《玉海集》)。…

※「高瀬梅盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高瀬梅盛の関連キーワード俳句(文学)伊勢村重安大和田気求内海宗恵斎藤賀子三井秋風寺田重徳水野梅径児玉好春小杉一笑西村良安藤村孤山内海安重藤村恕堅水野福富信徳

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android