コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田すゑ うちだ すえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田すゑ うちだ-すえ

1879-1949 明治-昭和時代の教育者,民俗学研究者。
明治12年5月生まれ。内田信也(のぶや)の姉。甲府,大阪の師範学校などをへて,沖縄師範,同県立高女の教諭をつとめる。「沖縄の雨乞い」などの論文を発表,民俗学の研究につくす。のち栃木女子師範教諭。昭和24年12月14日死去。71歳。茨城県出身。女子高等師範(現お茶の水女子大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内田すゑの関連キーワード昭和時代教育者明治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android