コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田信也 うちだのぶや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内田信也
うちだのぶや

[生]1880.12.6. 茨城
[没]1971.1.7. 東京
実業家,政治家。東京高等商業卒業。三井物産用船掛主任を経て独立,内田汽船,内田商事,内田造船所などを創立。その後 1924年第 15回総選挙に出馬,政界に入り,以後当選9回を数えた。その間の 34年,岡田啓介内閣の鉄道相に就任した。しかし鉄道疑獄に連座して辞任し,その後 44年,東条英機内閣の農商務相となった。第2次世界大戦後第5次吉田茂内閣の農林大臣をつとめた。伝記に『風雲児内田信也』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田信也 うちだ-のぶや

1880-1971 大正-昭和時代の実業家,政治家。
明治13年12月6日生まれ。三井物産につとめ,大正3年内田汽船を創立。第一次大戦で急成長をとげる。13年衆議院議員(当選9回,自由党)。昭和9年岡田内閣鉄道相,19年東条内閣農商相,28年第5次吉田内閣農相。昭和46年1月7日死去。90歳。茨城県出身。東京高商(現一橋大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内田信也
うちだのぶや
(1880―1971)

実業家、政治家。茨城県に生まれる。東京高等商業学校卒業後、三井物産に入社。第一次世界大戦が始まると退社して内田汽船を設立、船成金となる。郷里の旧制水戸高等学校創立に際し寄付金を提供。1921年(大正10)普選中止を望んで贈賄し、いわゆる「珍品問題」を引き起こした。1924年衆議院議員に当選、以来7選。初め政友会に属したが、党議に反し岡田啓介(けいすけ)内閣の鉄道相となり党から除名され、昭和会を結成した。1936年(昭和11)鉄道疑獄に連座するが1940年無罪判決。1944年東条英機(ひでき)内閣の農商相となる。敗戦後は公職追放解除後、1952年(昭和27)自由党から衆議院議員に当選。第五次吉田茂内閣の農相を務めた。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の内田信也の言及

【成金】より

…この大戦景気は,化学,機械,金属を中心とする資本の蓄積を飛躍的に高め,そのため,空前の投機熱も起こり,成金という言葉を生むようになった。彼らは莫大な戦争利得者として造船業,海運業に顕著にみられ,とくに神戸の船舶界はロンドンを除くと世界第一の活況をみせ,内田信也,山下亀三郎らの船成金を生み,神戸が全体として成金色に染まったほどである。また,鉄鋼,化学,染料などの諸工業も国内で急速に起こり,成金は経済の各界に及び,さまざまなゴシップが伝えられた。…

※「内田信也」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内田信也の関連キーワード東海興業[株]内田 すゑ鈴木 忠五昭和時代望月圭介東海興業窪田四郎内田すゑ昭和会実業家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android