コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内耳性難聴 ないじせいなんちょうcochlear hearing loss

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内耳性難聴
ないじせいなんちょう
cochlear hearing loss

内耳の発育不全や感染症 (内耳炎) などによって起こる感音難聴 (音を感じることはできるが聞きとれない) 。有毛細胞の毛が折れたり丸くなったりして,結果的に有毛細胞が壊れてしまった状態をいう。耳以外にも頭部の外傷や全身の感染症 (風疹,麻疹など) ,代謝障害 (糖尿病,腎障害) ,薬物中毒 (ストレプトマイシンアスピリン) によっても起こる。感音難聴の大部分は内耳性難聴である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の内耳性難聴の言及

【難聴】より

…さらに伝音機能がまったく廃絶しても音エネルギーの一部は蝸牛に直接流入するため完全な聴力消失(聾(ろう))をきたすことはない。(2)感音性難聴 これはさらに内耳性難聴と後迷路性難聴に大別される。両者の大きな相違は,内耳(蝸牛)が障害された内耳性難聴では,音が大きく響いて困るというレクルートメント現象(補充現象)を示すことである。…

※「内耳性難聴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内耳性難聴の関連キーワード全身の病気と内耳の障害ハッチンソン三徴候ハッチンソン歯ハッチンソンマン症候群聴力検査先天梅毒耳鳴り性病

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android