コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内耳性難聴 ないじせいなんちょう cochlear hearing loss

1件 の用語解説(内耳性難聴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内耳性難聴
ないじせいなんちょう
cochlear hearing loss

内耳の発育不全や感染症 (内耳炎) などによって起こる感音難聴 (音を感じることはできるが聞きとれない) 。有毛細胞の毛が折れたり丸くなったりして,結果的に有毛細胞が壊れてしまった状態をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内耳性難聴の言及

【難聴】より

…さらに伝音機能がまったく廃絶しても音エネルギーの一部は蝸牛に直接流入するため完全な聴力消失(聾(ろう))をきたすことはない。(2)感音性難聴 これはさらに内耳性難聴と後迷路性難聴に大別される。両者の大きな相違は,内耳(蝸牛)が障害された内耳性難聴では,音が大きく響いて困るというレクルートメント現象(補充現象)を示すことである。…

※「内耳性難聴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内耳性難聴の関連キーワード性感染症内耳炎内耳神経鐙骨慢性感染症溶連菌感染症細菌性感染症耳の形態異常内耳炎/ウイルスによる内耳障害内耳土鍋

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone