コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内蔵全成 くらの またなり

3件 の用語解説(内蔵全成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内蔵全成 くらの-またなり

?-? 奈良時代の官吏。
天平宝字(てんぴょうほうじ)3年(759)遣唐使藤原清河をむかえる使節となり,渤海(ぼっかい)より帰国する際,対馬(つしま)(長崎県)に漂着。天応元年征東副使として功をたて,正五位上をさずかる。のち鎮守副将軍,大蔵大輔(たいふ),内蔵頭(くらのかみ)などを歴任した。

内蔵全成 くらの-ぜんせい

くらの-またなり

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

内蔵全成

生年:生没年不詳
奈良時代の官人。姓 は忌寸,のちに宿禰。天平宝字3(759)年2月,天平勝宝4(752)年唐に渡った遣唐大使の藤原清河を迎える迎入唐大使の判官に任命されて渤海に渡った。唐では安史の乱(755~763)が起こって治安が乱れており,大使の高元度など11人だけが唐へ赴いた。全成らは渤海使を伴って同年10月帰国の途についたが,その乗船は暴風のために対馬(長崎県)に漂着し,12月に難波に帰着した。宝亀10(779)年11月には勅旨省の少輔正五位下で大宰府に遣わされて,来日した新羅の国使を審問した。天応1(781)年,前年勃発した伊治呰麻呂の乱平定のために征東副使として陸奥へ派遣された。8月に帰京し,9月には征東に従った者たちは,「征夷之労」を賞されたが,全成はこのとき正五位上勲5等を授けられた。

(清田善樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内蔵全成の関連キーワード袁晋卿靫負庁生石真人田部櫟子田辺百枝調老人津秋主書智徳三国人足山代真作

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone