コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内薗耕二 うちぞの こうじ

1件 の用語解説(内薗耕二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内薗耕二 うちぞの-こうじ

1916-2006 昭和-平成時代の神経生理学者。
大正5年10月9日生まれ。新潟大教授をへて,昭和37年東大教授となる。のち岡崎国立共同研究機構長,静岡県立大学長をつとめる。電子顕微鏡によるシナプスの形態と機能の研究,睡眠物質の研究で知られる。52年学士院賞。平成18年10月25日死去。90歳。鹿児島県出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内薗耕二の関連キーワード意匠アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧オーストリアの要覧カーボベルデの要覧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone