コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睡眠物質 すいみんぶっしつ sleeping substance

2件 の用語解説(睡眠物質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

睡眠物質
すいみんぶっしつ
sleeping substance

睡眠を起させる脳内物質のこと。 1865年にスイスモニエ教授が,眠らせたウサギの血液を他のウサギの血管や脳に注入して睡眠させることに成功し,初めて睡眠物質の存在を確認した。植物にも動物のような睡眠現象があるが,1987年,慶應義塾大学理工学部の山村庄亮教授,志津里芳一博士,三義英一博士らが,オジギソウから,他のマメ科植物で見つかっている物質より 15倍も強力な睡眠物質を抽出するこに成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいみんぶっしつ【睡眠物質】

脳内で生成され、自然な睡眠を誘発すると考えられる物質。睡眠促進物質。睡眠誘発物質。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の睡眠物質の言及

【睡眠】より

…セロトニンの代謝産物がノルアドレナリンを介してレム睡眠を駆動し,かくして,ノンレム睡眠・レム睡眠の連鎖が回転すると説明されている。(2)睡眠物質 20世紀の初めに,フランスのピエロンH.Piéronらが10日以上断眠させたイヌの脳脊髄液を別の正常なイヌの脳室に注入すると,数時間にわたって眠ることから,覚醒中に脳のなかに疲労物質が蓄積し,これが脳脊髄液や血液のなかに入って睡眠を起こすと考えた(ヒプノトキシン説,1910)。その後多くの研究者によって催眠作用をもつ有効成分の単離抽出が行われている。…

※「睡眠物質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

睡眠物質の関連キーワードエレクトロルミネセンス浸出現責めレム睡眠甲状腺腫誘発性抗変異原突然変異誘発物質マイトジェンギブスの定理(界面)凝結価

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

睡眠物質の関連情報