コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤政義 ないとう まさよし

1件 の用語解説(内藤政義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤政義 ないとう-まさよし

1820-1888 江戸時代後期の大名。
文政3年3月3日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主井伊直中(なおなか)の子。井伊直弼(なおすけ)の弟。内藤政順(まさより)の養子となり,天保(てんぽう)5年日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩主内藤家7代。飢饉(ききん)対策として穀物による酒造禁止,水田開発などの施策を実施。また洋式砲術を導入し,学寮を拡充して広業館と改称した。明治21年11月18日死去。69歳。著作に「内藤侯詠草」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤政義の関連キーワードウィルヘルム阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイ吉雄常三ジョージ[3世]艇盗の乱ブロンテ姉妹

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone