コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤政義 ないとう まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤政義 ないとう-まさよし

1820-1888 江戸時代後期の大名。
文政3年3月3日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主井伊直中(なおなか)の子。井伊直弼(なおすけ)の弟。内藤政順(まさより)の養子となり,天保(てんぽう)5年日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩主内藤家7代。飢饉(ききん)対策として穀物による酒造禁止,水田開発などの施策を実施。また洋式砲術を導入し,学寮を拡充して広業館と改称した。明治21年11月18日死去。69歳。著作に「内藤侯詠草」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内藤政義の関連キーワード内藤 政挙内藤政挙

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android