内藤正誠(読み)ないとう まさのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤正誠 ないとう-まさのぶ

1845-1880 幕末-明治時代の大名。
弘化(こうか)2年9月10日生まれ。万延元年信濃(しなの)(長野県)岩村田藩主内藤家7代となる。日光祭礼奉行,奏者番,寺社奉行などをつとめた。慶応元年幕長戦争にくわわり,翌年兵制を長沼流からオランダ式にあらためた。幕府崩壊後新政府軍に協力した。明治13年8月25日死去。36歳。名は「まさあきら」とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android