コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内裏儀式・内裏式 だいりぎしきだいりしき

1件 の用語解説(内裏儀式・内裏式の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいりぎしきだいりしき【内裏儀式・内裏式】

平安初期の宮中儀式書。《本朝法家文書目録》には〈内裏儀式一巻〉〈内裏式三巻〉とあるが,現在は両書とも残欠本しかない。その目録と現行本および逸文を総合してみると,《内裏儀式》を基に補正したものが《内裏式》かと思われるが,後世両書を混同している例も少なくない。現行本《内裏式》の序と跋によると,これは嵯峨天皇の詔命により右大臣藤原冬嗣らが821年(弘仁12)に修定し,ついで833年(天長10)右大臣清原夏野らが現状に即して部分改訂したもので,さらに現行本の一部に承和年間(834‐848)の加注もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone