コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内裏儀式・内裏式 だいりぎしきだいりしき

1件 の用語解説(内裏儀式・内裏式の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいりぎしきだいりしき【内裏儀式・内裏式】

平安初期の宮中儀式書。《本朝法家文書目録》には〈内裏儀式一巻〉〈内裏式三巻〉とあるが,現在は両書とも残欠本しかない。その目録と現行本および逸文を総合してみると,《内裏儀式》を基に補正したものが《内裏式》かと思われるが,後世両書を混同している例も少なくない。現行本《内裏式》の序と跋によると,これは嵯峨天皇の詔命により右大臣藤原冬嗣らが821年(弘仁12)に修定し,ついで833年(天長10)右大臣清原夏野らが現状に即して部分改訂したもので,さらに現行本の一部に承和年間(834‐848)の加注もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内裏儀式・内裏式の関連キーワード大垂髪日本国見在書目録本朝書籍目録延暦競べ馬書目中儀図書目録江家文庫勝岡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone