コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部利益率法 ないぶりえきりつほうinternal rate of return method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部利益率法
ないぶりえきりつほう
internal rate of return method

割引キャッシュ・フロー法 (DCF法) に属する投資案の経済性計算の方法の一つ。投資案がもたらす将来の正味キャッシュ・フローの現在価値を初期投資額に等しくする割引率=内部利益率とあらかじめ決定されている資本コストを比較して投資案の採否を決定する方法。内部利益率が資本コストより大であるか等しければ,その投資案は採用され,小であれば棄却される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

内部利益率法の関連キーワード投資決定ディーン

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android