内部環境会計(読み)ないぶかんきょうかいけい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

内部環境会計

環境会計とは企業環境保全のためのコストとその効果を定量的に評価する仕組みのことで、内部環境会計外部環境会計に2分される。内部環境会計は企業の内部で環境保全の効果を認識するための仕組みである。一方、外部環境会計は企業の外部(消費者、取引先会社など)に企業の環境保全に関する情報を公開するための仕組みである。内部環境会計は企業内の評価であるため基準は自由に設けていいが、外部環境会計ではできるだけ正しい評価に近づく基準が本来必要である。しかしそのような基準はいまだ確立されておらず、環境省が環境会計のガイドラインを設けているのみである。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android