内部通報(読み)ないぶつうほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

内部通報

企業・団体などの組織内において社会的な倫理違反やコンプライアンス違反の発生、またはそのおそれがある状況を知った者が、そのことを信頼できる窓口に通報すること。被害を未然に防いだり、被害の拡散を最小限に食い止めるのが狙い。従来までは内部通報に対してネガティブなイメージが強かったが、相次ぐ企業不祥事やコンプライアンスに対する社会的関心の高まりを受け、内部通報制度を導入する企業・団体が増えている。2006年4月には「公益通報者保護法」が施行。内閣府はホームページでガイドライン(http://www5.cao.go.jp/seikatsu/koueki/gaiyo/index.html)を公表し、内部通報の運用に関する指針などを提供している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内部通報の関連情報