コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内閣の構成 ないかくのこうせい

1件 の用語解説(内閣の構成の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

内閣の構成

従来の内閣法は、内閣を構成する国務大臣数の上限を、内閣総理大臣(首相)を除いて20人以内としてきた。だが、2001年1月の中央省庁機構の再編成に合わせて、首相を除く国務大臣の上限を17人と改めた。これらの大臣は憲法第66条に基づき、すべて文民でなくてはならない。総務省・法務省を始めとする10省、国家公安委員会防衛庁の長、内閣官房長官は国務大臣である。10省の長である国務大臣は、それぞれ当該省の主任の大臣であり、最高意思決定権者とされている。国家公安委員会並びに防衛庁は、首相を主任の大臣とする内閣府の外局で、首相からの権限委任を受けて当該機関を管理する。これらに加えて、内閣府には沖縄及び北方対策担当、規制改革担当、経済財政政策担当、金融担当、少子化・男女共同参画担当、食品安全担当、防災担当などの特命担当大臣が配されている。これらの大臣は、首相の意を受けて当該分野の政策作成を担う。

(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内閣の構成の関連キーワード国務大臣内閣官房長官認証式組閣外務大臣閣員閣内閣僚内閣改造内閣提出(閣法)と議員発議(議員立法)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内閣の構成の関連情報