内閣危機管理監(読み)ナイカクキキカンリカン

デジタル大辞泉の解説

ないかく‐ききかんりかん〔‐キキクワンリカン〕【内閣危機管理監】

内閣官房に置かれる官職の一。定員は1人。内閣官房長官内閣官房副長官を補佐し、国民の生命・身体・財産に重大な被害が生じるおそれがある緊急事態への対処およびそうした事態の発生防止に関する事務(国防に関するものを除く)を統括する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内閣危機管理監の関連情報