円善(読み)えんぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円善 えんぜん

?-? 平安時代の僧。
天台宗。比叡山(ひえいざん)東塔で修行。生涯6万部の法華経読誦(どくじゅ)をちかう。熊野参詣の途中,紀伊(きい)有田(ありだ)郡(和歌山県)の山中で死亡。のちに同地をとおりかかった法華経持経者の壱叡(いちえい)は,法華経がとなえられているのをきいた。みれば舌だけがのこっていたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円善の関連情報