コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円善 えんぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円善 えんぜん

?-? 平安時代の僧。
天台宗。比叡山(ひえいざん)東塔で修行。生涯6万部の法華経読誦(どくじゅ)をちかう。熊野参詣の途中,紀伊(きい)有田(ありだ)郡(和歌山県)の山中で死亡。のちに同地をとおりかかった法華経持経者の壱叡(いちえい)は,法華経がとなえられているのをきいた。みれば舌だけがのこっていたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円善の関連キーワード専照寺善派如道善円

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android