コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円筒ころ軸受 えんとうころじくうけcylindrical roller bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円筒ころ軸受
えんとうころじくうけ
cylindrical roller bearing

転動体に円筒状のころを用いたころがり軸受の一種で,通常はラジアルころ軸受をさす。ころと内外輪がほぼ線接触をするので,ラジアル負荷能力が大きく,衝撃荷重に対しても強い。摩擦係数もほかのころ軸受より小さいので重荷重,高速回転に適している。円筒ころ軸受は,内輪,外輪の両側につばがつくもの,つかないものと片側にのみつばがつくものなどさまざまな形式がある。つばのつかない軸受では軸方向の動きが自由であるため,軸方向荷重を受けることはできないが,軸の熱膨張による拘束力を除くことができる。また,内輪と外輪を分離できるので,組立てや分解作業が容易である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

円筒ころ軸受の関連キーワードスラストころ軸受旋盤

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android