コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円筒ころ軸受 えんとうころじくうけ cylindrical roller bearing

1件 の用語解説(円筒ころ軸受の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円筒ころ軸受
えんとうころじくうけ
cylindrical roller bearing

転動体に円筒状のころを用いたころがり軸受の一種で,通常はラジアルころ軸受をさす。ころと内外輪がほぼ線接触をするので,ラジアル負荷能力が大きく,衝撃荷重に対しても強い。摩擦係数もほかのころ軸受より小さいので重荷重,高速回転に適している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円筒ころ軸受の関連キーワードドラムころがり軸受転がり摩擦磁気軸受軸受合金心を用いる転軸受ころがり摩擦玉軸受ころがり軸受製図

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone