コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円筒土器 えんとうどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円筒土器
えんとうどき

縄文土器の一様式。東北地方北部から北海道南部の地域に分布する。器形は,単純な円筒形をなし,表面は各種の縄文でおおわれ,口縁部に装飾的な文様帯が発達する。縄文時代前期の円筒下層式と中期の円筒上層式が区別されている。また,北海道の円筒土器には「北筒式」の名称がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんとう‐どき〔ヱントウ‐〕【円筒土器】

縄文時代前期から中期の円筒形をした土器。東北地方北部から北海道南西部にかけて出土する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんとうどき【円筒土器】

東北地方北部から北海道南西部に分布する、縄文前期および中期前半の土器。円筒形をしている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

円筒土器の関連キーワード是川石器時代遺跡造山古墳吹浦遺跡是川遺跡常呂貝塚森田