コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円興 えんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円興 えんこう

?-? 奈良時代の僧。
賀茂田守(たもり)の兄。三論宗。道鏡の弟子で大和(奈良県)元興(がんごう)寺にすむ。天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)氏神の高鴨神(たかかものかみ)を土佐から大和にうつす。天平神護2年大僧都(だいそうず),さらに法臣(ほうしん)となり道鏡を補佐した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円興の関連キーワード岐阜県大垣市青墓町尾張国分寺跡月鑑虚焞奈良時代賀茂田守大垣市基真

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円興の関連情報