円興(読み)えんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円興 えんこう

?-? 奈良時代の僧。
賀茂田守(たもり)の兄。三論宗。道鏡の弟子で大和(奈良県)元興(がんごう)寺にすむ。天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)氏神の高鴨神(たかかものかみ)を土佐から大和にうつす。天平神護2年大僧都(だいそうず),さらに法臣(ほうしん)となり道鏡を補佐した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円興の関連情報