コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円頂丘 えんちょうきゅう dome

翻訳|dome

1件 の用語解説(円頂丘の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

円頂丘

様々な分野で使用されているが,地形的には滑らかで円く凸型の隆起をいう.構造地質学では層の傾斜が外側に向って放射状になっている特徴がある.深成岩貫入体では上部の面がドーム型で側壁が急傾斜の場合に使用する.火山学では粘性の高い熔岩が噴出した際に,火口の周囲と上部が凝固したために形成された円い塊をいう.高粘性のマグマが表面に到達せず,古い火山体の物質を押し上げてドーム状の形を作った場合にもこの語を使用する.デイリイは内因的ドーム(endogenous dome)と外因的ドーム(exogenous dome)とに区別した[Daly : 1914].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円頂丘の関連キーワードMPEG2C言語扇子アスキーアート用語グリーフワークサイクロセムノブ・アンド・テイル省スペースステイブル・ラグ (stable rung)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円頂丘の関連情報