構造地質学(読み)こうぞうちしつがく(英語表記)structural geology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造地質学
こうぞうちしつがく
structural geology

地殻内部の力による,地殻や岩石の運動や変形の力学的過程を研究する地質学の一分野。おもに褶曲断層などを扱う。造山運動の過程など大きな構造を扱う分野もあるが,これを特に地体構造geotectonicsということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうぞう‐ちしつがく〔コウザウ‐〕【構造地質学】

地層や岩体の配列状態や相互関係、変形や地殻の運動、その原動力などを調べる地質学の一分野。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

構造地質学【こうぞうちしつがく】

地質学の一分野。地球表層の力学的過程とその原因や産物を考究する。19世紀中ごろに起こり,褶曲(しゅうきょく)山脈の構造とその成因などがおもな研究対象であったが,1930年ごろから対象が広がり,より小さな構造(節理・褶曲・断層など)の形成機構,大規模構造の分野でも大地溝帯,弧状列島などをとりあげるようになり,1950年ごろから大洋底やマントルの問題も扱われている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

構造地質学

地質学の中で,岩石の変形および構造に関する分野である.大規模な変形に関するものはmegatectonicsまたはmacrotectonicsで,microtectonicsは小規模な構造に関するものである[Loewinson-Lessing : 1933].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうぞうちしつがく【構造地質学】

地殻内部の構造やその地理的分布を調べ、その生成の力学的過程を研究する地質学の一分野。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

構造地質学
こうぞうちしつがく

地質学の一分科。(1)断層、褶曲(しゅうきょく)など岩石や地層の変形形態や機構を研究したり、(2)造山運動、プレートテクトニクスなど地殻の構造とその発展を研究する学問。英語では(1)をstructural geology、(2)をtectonics、また両者をあわせてstructural geologyとよぶことが多い。(1)の研究には、自然の観察による研究法、岩石をさまざまな条件下で実際に変形させる実験的研究法、弾性論、粘性論などを用いる理論的研究法などがある。一方、(2)の研究には、たとえば日本列島の形成史、アパラチア山脈の形成史などの研究が例としてあげられる。このような研究には力学的視点のみならず、古生物学、岩石学、堆積(たいせき)学など地質学の全分野を総動員しなければならない。プレートテクトニクスの研究には、地質学のみならず地震学、古地磁気学など地球物理学的手法を用いる必要がある。[吉田鎮男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

構造地質学の関連情報