コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再生族 さいせいぞくdvijāti; dvija

1件 の用語解説(再生族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再生族
さいせいぞく
dvijāti; dvija

インドのカースト制度の用語。バラモンクシャトリヤバイシャシュードラの4階級のうち,最後を除く上流の3階級のこと。彼らは宗教上の儀式を行うことによって生れ変ることができる,すなわち宗教的に再生しうる特権的な身分であると考えられたためこの呼称がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の再生族の言及

【カースト】より

…この語に〈身分〉〈階級〉の意味が加わり,混血が進み肌の色が身分を示す標識でなくなったあとにおいても,この語は依然として〈身分〉〈階級〉の意味に使われ続けたのである。4バルナのうち上位の3バルナは再生族(ドビジャdvija)と呼ばれ,これに属する男子は10歳前後に入門式(ウパナヤナupanayana(2度目の誕生))を挙げ,アーリヤ社会の一員としてベーダの祭式に参加する資格が与えられる。これに対しシュードラは入門式を挙げることのできない一生族(エーカジャekaja)とされ,再生族から宗教上,社会上,経済上のさまざまな差別を受けた。…

【シュードラ】より

…バルナ制度が成立した後期ベーダ時代にシュードラとして位置づけられたのは,主としてガンガー(ガンジス川)上流域に進出したアーリヤ人の支配下に入った先住民であった。彼らはエーカジャekaja(一生族)と呼ばれてバラモンの指導するベーダの宗教から除外され,バラモン,クシャトリヤ,バイシャの上位3バルナ(ドゥビジャdvija(再生族),アーリヤ)から社会生活のあらゆる面で差別を受けた。ヒンドゥー法典の定めるところによると,シュードラの義務は隷属的労働者や職人として上位3バルナに奉仕することであるという。…

【バルナ】より

…(4)シュードラ 隷属的労働や手工芸による上位3バルナへの奉仕。以上の4バルナのうち上位3バルナは再生族(ドゥビジャdvija)と称され,自分のための祭式挙行,ベーダ聖典の学習,布施の三つを共通の義務としている。再生族に属する男子は10歳前後にウパナヤナupanayana(入門式,2度目の誕生)をあげ,アーリヤ社会の一員としてベーダの祭式に参加する資格が与えられる。…

※「再生族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone