コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠せ茶 かぶせちゃ

1件 の用語解説(冠せ茶の意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

かぶせちゃ【冠せ茶】


緑茶の一種。よしずや稲わら、黒の寒冷紗(かんれいしゃ)(目の粗い薄地の織物)などで摘採の直前に1週間程度茶園をおおって栽培した葉を用いたもの。同じく遮光して栽培する玉露よりも遮光期間が短い。遮光することにより葉緑素が増えるので、緑色が濃く鮮やかになる。茶のうま味成分であるテアニンの含有量が増え、渋味成分であるカテキンの含有量は抑えられる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冠せ茶の関連キーワード寒冷紗稲藁ジャスミン茶藁紙藁稭葦簀張り緑茶の日万屋吉松稲わら公害寝藁 (bedding)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone