コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冥界訪問神話 めいかいほうもんしんわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冥界訪問神話
めいかいほうもんしんわ

上界に属する神または英雄が,生きたまま地下の死者を訪問し,またそこから帰還したという内容の神話。ギリシア神話オルフェウスの話が最も有名だが,ギリシア神話にはこのほか,ディオニュソス,ヘラクレス,テセウス,オデュッセウスなど,多くの神々や英雄を主人公とする冥界訪問譚があり,より古くメソポタミアの神話には,イナンナ=イシュタルを主人公とする話があった。日本神話のイザナギの黄泉国訪問譚も,いうまでもなくこのタイプに属するが,オルフェウス神話と特によく類似している点が注目される。オルフェウスとイザナギの神話によく似た話は,ポリネシアと北アメリカの先住民の伝承中にも多数見出される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android