コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷水病 レイスイビョウ

1件 の用語解説(冷水病の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れいすい‐びょう〔‐ビヤウ〕【冷水病】

淡水魚のかかる細菌感染症の一種。水温がセ氏20度以下の低水温期の発症例が多く、特にアユの被害が大きい。症状は体表に穴があく、尾びれが欠けるなど。元来は北米のマスの病気。日本では昭和62年(1987)徳島県の養殖場で初めて確認され、その後自然河川にも広がった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷水病の関連キーワード風疹ペスト伝染性紅斑指定感染症新興感染症二次感染感染症指定医療機関細菌性感染症水中細菌パスツレラ菌感染症

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

冷水病の関連情報