冷物(読み)つめたもの

精選版 日本国語大辞典の解説

つめた‐もの【冷物】

〘名〙 膾(なます)をいう女房詞。
※大上臈御名之事(16C前か)「女房ことば〈略〉なます、おなま、つめた物とも」

ひやし‐もの【冷物】

〘名〙
① 水や氷などで冷やして食する食物の総称。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 太刀、刀類の異称
※浄瑠璃・大塔宮曦鎧(1723)つはもの万歳「頼員が帯せし細身作りの冷(ヒヤ)し物」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷物の関連情報