コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塔宮曦鎧 おおとうのみやあさひのよろい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大塔宮曦鎧
おおとうのみやあさひのよろい

浄瑠璃。時代物。5段。1世竹田出雲松田和吉 (→文耕堂 ) 合作,近松門左衛門添削。享保8 (1723) 年大坂竹本座初演。『太平記』の大塔宮の北条討伐を主材とし,六波羅の下司斎藤太郎左衛門一族の悲劇を取合せたもの。大塔宮が討伐に向う一味の心底を確かめるために催した無礼講の席上,村上彦四郎義光が六波羅をそしる万歳をする節事 (→景事〈けいごと〉) 「つはものまんざい」があるが,この一枚刷絵図は発禁処分を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおとうのみやあさひのよろい【大塔宮曦鎧】

(1)人形浄瑠璃 時代物。5段。角書太平記綱目〉。別名題《太平記曦鎧》。竹田出雲・松田和吉(文耕堂)作。近松門左衛門添削。1723年(享保8)2月大坂竹本座初演。《太平記》に取材した作品で,北条氏討伐を図って挙兵した大塔宮が苦難の後に六波羅を攻略するに至るまでの経緯を主筋とし,それに斎藤太郎左衛門一族の悲劇を絡めて展開させたもの。初段の切の無礼講の場で鎌倉への逆意を確かめ合う〈つわもの万歳(まんざい)〉,二段目の切における六波羅勢の〈着到馬揃え〉,四段目の道行〈大塔宮熊野篠懸(すずかけ)〉等々,作品全般を通じてさまざまな見せ場の配された佳編だが,なかでも,六波羅方の老武者斎藤が,宮方で犬死を遂げた娘夫婦への手向けのために最愛の孫力若丸を身替りに立てて若宮の命を救うという三段目の切〈身替り音頭〉の段は最も優れた場面として繰り返し上演されてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおとうのみやあさひのよろい【大塔宮曦鎧】

人形浄瑠璃、時代物の一。竹田出雲いずも・松田和吉作。近松門左衛門添削。1723年初演。五段。「太平記」より大塔宮の北条討伐と斎藤太郎左衛門一族の悲劇を題材に脚色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大塔宮曦鎧の言及

【文耕堂】より

…享保(1716‐36)ごろの大坂竹本座の作者で,初めは本名の松田和吉で書いたが,1730年2月の《三浦大助紅梅靮(みうらのおおすけこうばいたづな)》(竹本座)からは文耕堂の署名となる。作品は1722年9月の《仏御前扇車(ほとけごぜんおうぎぐるま)》が古く,これは翌年の《大塔宮曦鎧(おおとうのみやあさひのよろい)》とともに,添削者に近松門左衛門の名前があることから,近松に師事していたといわれている。この後30年までは浄瑠璃作品はなく,京都で歌舞伎作者松田和吉として《唐錦妹背褥(からにしきいもせのしとね)》《大和縅男鑑(やまとおどしおとこかがみ)》を書いた。…

※「大塔宮曦鎧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大塔宮曦鎧の関連キーワード竹田出雲(1世)草木にも心を置く人食い馬難波土産太平記物言ひ白け微温修礼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android